STAFF INTERVIEW
社員インタビュー

セールスエンジニアとして
IT業界の未来を担える
人材になりたい

M.A

2018年年入社

千葉支店

システム課

  

RPAを知ったときの衝撃から挑戦が始まりました。

私は、RPA(Robotic Process Automation)という人間が行っている定型的なデスクワークをソフトウェアロボットによって自動化させるツールを扱い、お客様業務の改善・生産性向上を図る業務に携わっています。RPAは単純作業やルーティンワークと相性が良いことから、時代の流れや働き方改革に伴って、近年は特に需要が拡大しています。入社して間もない頃、先輩からこの仕組みを教えていただいたときは衝撃を受け、お客様は自分以上に驚くのではないかと興味が湧きました。そのため、研修中の自由課題でもRPAを選択し、配属先決定前には上司にRPAに携わりたいと直談判したほどです。念願が叶い、現在はRPAを取り扱う客先に常駐しています。プロジェクトの規模が小さいので、メンバーは製造担当の私と管理者の2人体制。先輩から、要件定義や設計フェーズも一緒にやってみるかと声を掛けていただき、キャリアの浅い2年目から上流工程に携わっています。企業によっては、一人前になるまでひたすらプログラミングに集中させるといった方針もあるかと思います。しかし、当社には個人のチャレンジ精神を後押ししてくれる社風があるからこそ、重要な役割を担わせていただいているのだと感じています。

ゴールはシステム構築ではなく、
お客様の業務を改善すること。

RPAはあくまで手段です。システムを完成させることがゴールではなく、お客様の業務改善に成果を出せないと意味がありません。受注後は企業に応じてカスタマイズするため、お客様とともに業務内容の細かい洗い出しから始めます。自分のヒアリング次第で成果物も変わってくるという責任を伴いますが、想像以上にクリエイティブで、モノづくりの楽しさを実感できています。RPA化を実現するために、時にはお客様に仕事方法を変えていただくこともあり、タフな調整が必要になりますが、トライ&エラーを繰り返しながら、お客様とともに完成を目指す工程にやりがいを感じています。この仕事の醍醐味は、導入後の成果がきちんと数字になって現れることです。自分の技術によって「お客様の業務時間が80%削減された」といった結果が出たときの達成感は格別です。

お客様の反応を
直に感じられた初めての出張。

三重県にある会社のRPA化を担当していた頃、お客様の元に出張で伺う機会がありました。初めての出張に胸が高鳴りましたが、1泊2日という限られた時間で要件定義まで確定しなければいけませんでした。先輩に教えていただきながら、当日の段取りを入念に組んで臨みました。やはり、実際にお客様を前にすると緊張しましたが、困っているポイントを聞き出しているうちに燃えてきました。「この業務はRPAで効率化できます!」と、提案するときには、自分が人の役に立っていると実感しました。技術に対するお客様の反応を直に感じられるのも面白かったですね。作業していると、お客様先の他部署の社員や役員の方が、「これがRPAか、おもしろいな。うちの部署でもやってくれよ」と、興味を持ってくださいました。出張の機会だけでなく、本当に毎日が楽しく、私にとって天職だなと感じています。
将来の目標は、プログラミングも営業もできるセールスエンジニアです。プログラマーの仕事はAIに取って代わられると予想されていますが、お客様との折衝が必要になる上流工程はAIには負けません。これからさらに知識と対人スキルを磨き、新しいビジネスチャンスを探っていきたいと考えています。

3つの質問

01

入社理由は?

大学では心理学を専攻していたため、ITの知識はありませんでした。しかし、著しく発展するIT業界に飛び込み、変化を楽しみたいと思っていました。ユニシステムは多業種に向けたサービスを提供しているため、多くの経験が得られるところに魅力に感じました。

02

入社後のギャップは?

入社前は指示された業務をただ黙々と行うというイメージを持っていましたが、コミュニケーションを必要とする場面がたくさんあります。また上司との面談が定期的にあり、面談で自分の意思を伝えることで、挑戦したい業務に携わらせてもらえました。

03

学生時代の経験で
今も役立っていることは?

目標に対して、計画を逆算して立てることです。部活動(剣道)では常に長期・中期・短期の目標を掲げ、それぞれの目標を達成するために、必要な過程や要素を書き出していました。この経験は、モチベーションを維持することに役立っています。

ユニシステムのここが魅力!

社員の仲が良く、同期だけでなく、先輩や後輩にも恵まれている環境だと感じています。毎年、社員同士で夏はBBQ、冬はスノーボードに行っています。公私ともに充実の毎日ですね。
入社1か月目の頃、ある先輩から「セールスエンジニアを目指すなら、2億稼げるプロジェクトを試しに考えてみろ」と言われました。自分なりに企画書を作って先輩に提出してみたところ、多忙にも関わらず真剣に見てくださって、仕事の流れやビジネスマインドを徹底的に教えてくださいました。IT経験ゼロの自分のスイッチを押していただいた、良い出会いだったと今でも思っています。

ITの未来、新たな自分が
ここから始まる。

ENTRY

リクナビ2021 マイナビ2021