STAFF INTERVIEW
社員インタビュー

プロジェクトリーダーとして
お客様にとって
“本当に使える”システムを

M.T

2011年入社

大阪支店

システム課

  

ユニシステムは、ユーモア溢れる職場環境です

IT業界に興味を持ったきっかけは、大学の授業でのプログラミング経験です。当時、じゃんけんゲームができるプログラムを組んだのですが、自分の作ったものが動く瞬間の楽しさが忘れられず、これを仕事にしたいと考えました。就職活動で私が最も重要視していたのは「チームでやり遂げる仕事ができるかどうか」です。ユニシステムでは社内でプロジェクトチームを組み、エンドユーザーともコミュニケーションを取る機会も多いと聞き、入社を決めました。実際のところ、10年目の今も先輩方や後輩と一緒に働くことが多く、仕事中は常に気付きを与えていただいています。言葉ではうまく形容しがたいのですが、私は当社のユーモア溢れる雰囲気が本当に好きです。客先に常駐していた頃、他社と比較してもユニシステムの社員は面白い人が多く、しかし仕事には真摯に向き合う姿が素敵だと感じました。プロジェクトリーダーとなった今、そんなメリハリある働き方を意識して、日々メンバーを率いています。

初めてのプロジェクトリーダー、
初めてのクラウドシステム

初めてプロジェクトリーダーとして担当したプロジェクトは、環境試験機を製造しているお客様向けに、環境試験機利用者のためのWEBシステムを構築する、というものでした。当社が要件定義から導入まで担当することになり、セキュリティを考慮し、大阪支店としては初めてとなる、クラウド技術を用いることになりました。私はクラウドに関する知識を十分に持っていなかったため、クラウドやセキュリティに詳しい別支店の社員に教えていただきながら進めていきました。支店同士のつながりが厚く、エリアを越えて専門知識のある社員に助けてもらえるので、本当にありがたかったです。プロジェクトメンバーとは、毎朝ミーティングを重ね、課題や疑問点をすぐに共有できる環境を整えました。初挑戦だらけのプロジェクトで、納期に間に合わせられるか不安でしたが、進捗状況を明確にすることを心掛けていたので、スムーズに進行できたと思います。チームワークも深まり、完成後はみんなで打ち上げをしました。プロジェクトが成功したことで、お客様からは「これからの事業拡大につながる仕組みができた」と喜んでいただけて、大きな達成感を得られました。

ITの力でSDGs※を掲げる
製造業の課題解決に取り組みたい

私は製造業のお客様を担当することが多いのですが、今の世の中は持続可能な社会のためにSDGsを掲げる企業が多く、工場側に求められることが増えています。人手不足などの課題解決や業務負担の軽減に向けて、ITで少しでも寄与できればと考えています。入社後、さまざまなプロジェクトに携わったことで、技術力はかなり成長していると感じます。当初は、プログラミングしかやりたくないと思うこともありましたが、プロジェクトリーダーも任せていただくようになり、考え方に柔軟性が生まれました。今はどちらの仕事も楽しく、自分の適性も開花してきたと思います。今後は、これまで携わったクラウドやWEBシステムの経験を若手に伝えていきたいですね。当社では支店ごとに、社員が独自にテーマを設定し、新しい知識を学ぶ「ワーキンググループ」という活動を行っています。それを通じて社員を育て、支店全体のレベルアップを図っていきたいです。
※SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。国際連合で定められた国際社会共通の目標。17の目標と169のターゲットで構成されている。

3つの質問

01

上司との関係性は?

業務中、困ったことがあれば自然と先輩の方から声を掛けてくださいます。時には飲みに連れて行ってくれて、アドバイスいただけるとてもよい環境です。

02

印象的なプロジェクトは?

客先に常駐し、製造現場のシステムを構築しながら、既存システムの不具合等が発生した際には現場に駆けつけ、原因の調査・修正等の保守作業も行うプロジェクトです。この経験により、お客様とのやりとりもスムーズに進行できるようになりました。

03

休日の過ごし方を教えてください

中学・大学とバスケットボールをしており、今でも休みの日にはバスケットボールをしてリフレッシュしています。最近はムエタイジムに興味があり、友人と体験めぐりをしています。

ユニシステムのここが魅力!

自分の意志やスキル次第でプログラマーにもプロジェクトリーダーにもなれる環境があることです。折々で、上司が社員の希望をきちんと吸い上げてくれたり、フランクに相談にのってくださるので、自分が思い描くキャリアプランを描きやすいのではないでしょうか。
また、業界的に難しいと思われがちですが、有給休暇を取りやすいところも当社の魅力です。少人数でプロジェクトを進行している時も、スケジュールに余裕がある時期には海外旅行にも行けますよ。

ITの未来、新たな自分が
ここから始まる。

ENTRY

リクナビ2021 マイナビ2021