WORK STYLE
働き方を知る

ユニシステムの
ワークライフバランス

ユニシステムにとって、最も大切な財産は社員です。社員のことを第一に考え、全社員がやりがいを持って働ける職場にするために、様々な制度を実施しています。

ユニシステムでは新たな働き方を
実現するために様々な制度を実施しています。
01

ノー残業デー

総実労働時間の短縮と社員の健康の維持・促進、業務生産性の向上を図ることを目的として、毎週水曜日は定時退社「ノー残業デー」を励行しています。

02

勤怠管理

残業時間がひと目でわかるシステムにより勤怠を管理。上司がリアルタイムでメンバーの労働時間をチェックすることで、過度な残業が発生しないようコントロールに努めています。

03

社員のヘルスチェック

社員には、生活習慣病予防検診・ミニドック・人間ドックおよびストレスチェックを、年に一度必ず受診していただきます。受診によって生活習慣病の早期発見や改善、メンタルヘルス不調の予防につながります。

04

有給休暇取得の推進

社員の健康維持・促進、業務生産性の向上を図ることを目的として、有給休暇の取得を推進しています。現在の平均有休消化率は約70%であり、業界平均(60%)を大きく上回っています。

福利厚生

ユニシステムが社員にできること、やりがいをもって働ける職場を日々目指しています。

福利厚生

健康保険(TCSグループ単独健保)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険、産前産後休業、育児休業、介護休業、財形貯蓄、退職金 ほか

社員親睦会(共栄会)

社員の親睦を深めるため、「共栄会(きょうえいかい)」という親睦団体を運営しています。共栄会は全社員が加入しており、イベントの企画・運営も社員が行います。屋形船での納涼会や貸切パーティーなど様々なイベントを開催し、社員の交流の場を設けています。

その他

イブニングトーク・
タウンミーティング

多くの会社では、「経営陣の思いや会社の方向性が社員に浸透していない、また社員の会社に対する思いや要望が吸い上げられていない」という課題を持っていますが、ユニシステムでは、社長や幹部社員が全支店を回り、1~5年目の若手社員が対象の「イブニングトーク」と全社員が対象の「タウンミーティング」を定期的に実施しており、社員と会社の意見交換の場を創出しています。

個々の力を最大化

企業を支えているのは人材です。企業の成長は、人材が成長することではじめて実現できるものです。ユニシステムでは、活躍できる人材に必要な要素として、『主体性』、『論理的思考』、『コミュニケーション』の3つを掲げています。

ユニシステムの教育制度を知る

ITの未来、新たな自分が
ここから始まる。

ENTRY

リクナビ2021 マイナビ2021